あごニキビケアは正しい洗顔から

あごニキビケアは正しい洗顔が基本!【あごニキビ.net】

あごニキビケアは正しい洗顔方法が大切!

あごニキビの原因の一つに洗顔料のすすぎ残しがあるとわかり、
改めて正しい洗顔方法について調べてみました。
どんなに優れたスキンケア商品を使っていても、使い方を間違っているようなら効果は半減してしまいますから…。

 

洗顔の回数は、1日に2〜3回が適度とされています。
回数を増やすのではなく朝と夜に正しい洗顔をすることが、にきびケアに重要です。
頻繁に顔を洗うと必要以上に皮脂やアクネ菌を失い、肌が乾燥する原因になってしまいます。
洗顔を適度にすることで、皮脂とアクネ菌が多すぎず少なすぎない状態を維持しましょう。

 

正しい洗顔方法

1.
顔全体を出すため、ヘアバンドなどで髪が顔にかからないようにします。
特に見落としがちな髪の生え際は注意です。

 

2.
さっと濡らした手に、そのまま洗顔料をとってはいませんか?
それでは、手の汚れが顔についてしまう可能性があります。
洗顔料の洗浄力が顔できちんと発揮されるように、まずは手をしっかり洗いましょう。

 

3.
熱いタオルを顔に2〜3分ほど当てます。
こうすることで、毛穴が開いて汚れが落ちやすくなります。
時間がないときは仕方ありませんが、一手間かけるだけでスキンケア商品の効果の現れも違ってきますよ。

 

4.
人肌のお湯で顔の汚れを落とします。
洗顔料で洗う前にお湯で落とせる汚れを最初に落とすことで、効率的な洗顔ができます。
お湯の温度は、くれぐれも人肌のぬるま湯を守ってください。
冷たすぎる水や熱すぎる熱湯は、肌を痛める原因になってしまいます。

 

5.
人肌のお湯で手を濡らし、洗顔料をよく泡立てます。
泡立てるのが苦手な方はネットなどを使うのもいいですが、手の方がキメの細かい泡が立つと言われています。

 

6.
皮脂の多いおでこ→こめかみ→鼻→小鼻周辺の順で洗っていきます。
あごニキビを防ぐためにも、あごや首筋を意識してしっかり洗うようにしましょう。
力を入れた洗顔は禁物。
軽くマッサージする気持ちで、優しく泡で顔を包むように洗います。

 

7.
最後は人肌のお湯でしっかりと洗顔料を落とします。
あごニキビにお悩みの方は、あごのすすぎ残しに要注意ですよ。

 

8.
洗顔料を充分に落としたら、清潔な乾いたタオルで軽く押さえながら水分をとります。
強くこすると肌に負担をかけてしまうので、気をつけましょう。

正しい洗顔の4つのポイント

1.最初に人肌のお湯で手と顔の汚れを落とす。
2.お湯はぬるま湯。
3.最初から最後まで力を入れず、優しい気持ちを忘れない。
4.水分を拭き取るタオルは必ず清潔で乾いたものを。

 

 

きちんとできていそうで、案外間違った方法で行っている方が多い洗顔。
今一度、見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

お気に入りに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ